アソアライナーによる マウスピース矯正

menu

院長紹介
渋谷新南口歯科
院長:木村 知克
Dr.プロフィール

menu

東京・渋谷区でマウスピース矯正・アソアライナーを検討されている方はご相談ください。

透明な目立たない・見えない矯正を行っております。

menu

インターネットからの予約

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

アソアライナーとは(旧クリアアライナー)

アソアライナー(クリアアライナー)とはブラケットやワイヤーを使わない透明なマウスピース型の矯正装置です。

  • 装着の様子
    ▲装着の様子
  • 装着した状態
    ▲装着した状態
  • アソアライナー
    ▲透明な装置

このマウスピース型のアソアライナーは透明なので治療中も目立たず、食事の時に装置を取り外せるなど、大きなメリットがあります。

理想的な歯並びになるように、少しずつ歯を移動させた状態のアソアライナーを製作し、そのアソアライナーを装着することで歯を矯正していきます。
歯の移動量をコンピュータで測定しながら製作するので、正確かつ画期的な矯正装置といえます。

◎マウスピース矯正 1個 ¥50,000(税抜)

ケース:通常の矯正装置とアソアライナーの併用

アソアライナー症例

アソライナー(マウスピース)のみでの矯正治療の場合、時間と金額がかかることがあります。
そのような場合、装置を4か月ぐらいつけ、その後アソライナーで矯正する方法があります。

▼装置をつける前

術前

▼装置をつけた時

装着

▼装置をつけてから4か月後

4か月後

▼上顎の装置を外し、ここからアソライナーでの治療のスタート

治療スタート

▼5か月後装置を外したとき

5か月後

期間:9ヶ月 矯正治療費:70万円(税別)

ASOアライナーのメリット

目立たない

取り外し式

従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。ブラケットを装着する必要がないため、矯正後の後戻り治療にも最適な装置です。

取り外しができる

食事や歯磨きの時は、矯正装置を取り外すことができます。
従来のワイヤー矯正では困難だった歯磨きが不自由なく行えるため、
口腔内を清潔に保つことができます。

違和感が少ない

金属ワイヤーとブラケットのような装置自体の異物感が少なく、「話しづらい」「口内炎がよくできる」等の不快症状がありません。

矯正費用が安い

他の矯正装置(ワイヤー矯正、舌側矯正、インビザライン等)と比較して、一般的に費用的な負担が少なく、経済的な矯正装置です。

痛みが少ない

厚みが違う2種類のアソアライナー(ソフト/ハード)をステップ毎に使用して、ご自身の咬む力で優しく歯を動かすため、痛みが出にくい矯正装置です。 3種類(ソフト/ミディアム/ハード)を使用して、より痛みを少なくすることも可能です。ワイヤー矯正のような調整直後の強い痛みがありません。

矯正中の虫歯治療が可能

アソアライナーは、毎回型取りをして製作するため、矯正治療中でも虫歯の治療が可能です。(インビザラインは困難)

  • 歯の移動量を計測
    ▲コンピュータで歯の移動量を計測
  • 上下の装置
    ▲上下の顎の装置
  • ソフトとハード
    ▲ソフトとハードを提供

マウスピース矯正が向かないケース

デコボコが強い(重度のガタガタな)歯並び

デコボコの前歯
▲重度のデコボコの歯並びは不可

マウスピース矯正は、移動量には限界があるため、強い凸凹の歯並びには向いていません。従来のワイヤーとブラケットによる矯正装置が適応になります。

上と下の歯の噛み合わせが反対の場合

前歯が1本引っ込んでいる
▲1本引っ込んでいる前歯も不可

マウスピース矯正は、前の歯を飛び越えて移動することが苦手です。この場合は、ワイヤー矯正を併用した方がスムーズに治療が進む場合が多いです。

留意点

食事
▲患者さんのご協力も大切

  • 適応症の限られた矯正装置です。アソアライナーでの矯正が適切かどうか、まずは歯科医が丁寧に診断をさせていただきます。
  • 食事の時はアソアライナーを取り外してください。
  • ご自身での管理が治療期間や治療結果に影響する矯正装置ですので、ご理解のうえ装置を使っていただくことが大切です。
  • アソアライナーは装置を付けている時のみ矯正力がかかるため、装着期間が短いと歯が思うように動きませんのでご注意ください(就寝時も含め1日18時間以上を推奨)。患者様の全面的な協力が必要な治療法です。
  • 1日18時間以上使用できない場合には歯が目的の位置まで移動しないため、治療期間が延長したり、良い治療結果が得られないことがあります。
  • この矯正方法は、歯の根自体を動かすことができないため、歯を上下左右に3ミリ以上動かすことはできません。移動量には限界があります。
  • 歯を動かす隙間を作るために、歯を薄く研磨することがあります。これにより歯がまれにしみることがありますが、一時的なもので、1週間くらいでおさまります。
  • 歯と歯の間を研磨してすき間作り歯を並べた場合、すき間が残ることもあります。この時は歯に似た白いプラスチックを盛り上げてすき間を埋めることもあります。
  • 歯の根の治療をしている歯は、他の歯より動かす時に痛いことがあります(歯の根の治療が必要な場合があります)。
  • 矯正治療の終了後は、後戻りを防ぐ装置(同じ装置)をつけないでいると歯が元の歯並びに戻ってしまいます。
  • 歯は日々動いていますので、矯正治療の終了後も一生歯並びが変わらないということはありません。

マウスピース矯正治療の流れ

治療の流れ

アソアライナー

アソアライナー、どこで治療を受けるのがよいのか

相談

ドクターより一言

国民の歯並びに対する意識も高まり、マウスピース矯正を導入する歯科医院が増えてきています。

これは当院の特徴にもなるのですが、患者さんや知り合いには、「矯正歯科治療のことを分かっている歯科医院」、かつ、「一般治療も同時に院内でできる歯科医院」がよいと答えています。

歯並びやお口の病変の状態は十人十色。アソアライナー単体の治療だけで終わるだけならよいですが、治療前後・途中には、クリーニング、虫歯・神経(根)・歯茎の治療、ワイヤー矯正や白い詰め物との併用治療、歯周病の治療、…等々、さまざまな治療やケアが絡んでくることも多いためです。

どうせなら、マウスピース矯正をその医院で受ける際には、その担当ドクターが、さまざまな分野の治療にすべて対応し、一つの院内で解決出来たほうがわずらわしさがなくて済むかと思います。

マウスピース矯正にご興味のある方は、お気軽にご相談いただければと思います。

スタッフ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
03-3486-4618

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-13 大崎ビル7階
●JR渋谷駅 新南口より徒歩0分

○月~金 / 9:30~14:00 15:30~19:30
▲土 / 09:30~15:30 休診日 / 日曜・祝祭日

診療時間
09:30~14:00 × ×
15:30~19:30 × × ×

上に戻る

渋谷新南口歯科 〒150-0002 東京都渋谷区 渋谷3-27-13 大崎ビル7階 [TEL] 03-3486-4618
Copyright(C) shibuya shin-minamiguchi dental clinic. All Rights Reserved.

渋谷駅 新南口の歯科医院 渋谷区の歯医者